東京都感染拡大防止協力金(営業時間短縮)

営業時間の短縮に全面協力している、都内の酒類提供を伴う飲食店およびカラオケ店を営む中小企業、個人事業主等に対して【協力金】が支給されます。

申請の詳細について、8月26日に公開されました。

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金のポータルサイトはコチラ

東京都協力金の概要

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東京都の要請に応じて、営業時間の短縮に全面協力している、東京都内の酒類の提供を伴う飲食店およびカラオケ店を営む中小企業、個人事業主等に対して【協力金】が支給されます。

申請受付期間 令和2年9月1日~9月30日

支給額 20万円(一事業者あたり一律)

申請要件

  1. 東京都内に店舗等を有する法人等であること。
  2. 令和2年8月3日より前から、酒類の提供を行う飲食店またはカラオケ店に関して必要な許可等を取得のうえ運営し、都内において営業を行っていること。
  3. 営業時間短縮の要請を行う全ての期間(令和2年8月3日から31日まで)において、全面的に協力していること。
    • 酒類の提供を行う飲食店の場合(次のいずれか)
      • 東京都の要請に応じ、AM5:00~PM10:00までの間に営業時間を短縮すること
      • 東京都の要請に応じ、酒類の提供を終日行わないこと
    • カラオケ店
      • 顧客への酒類の提供の有無にかかわらず、東京都の要請に応じ、AM5:00~PM10:00までの間に営業時間を短縮すること
  4. ガイドラインを遵守し、【感染防止徹底宣言ステッカー】を顧客の見えやすい場所に提示していること。
  5. 暴力団関係者ではないこと。

営業時間短縮の要請について

【制度概要】

  • 対象施設:種類の提供を行う飲食店・カラオケ店
  • 営業時間:AM5:00~PM10:00
  • 対象期間:令和2年8月3日から31日まで

Q1.今回の営業時間短縮についての具体的なケースはどのようなものか?

  • 営業の形態や名称に関わらず、営業時間短縮の要請期間中において、酒類の提供を行っている飲食店(居酒屋など)が以下のいずれかの対応を行う。
    • 営業時間を午前5時から午後10時までに営業時間を短縮する。
    • 酒類の提供を終日とりやめる。
  • ただし、宅配サービス等は営業時間短縮の要請の対象外であるため、午後10時以降宅配のみを実施することは差し支えありません。

Q2.酒類の提供を行う飲食店において、酒類の提供を午後10時までに短縮し、それ以降は酒類を提供せずに営業を継続する場合は、今回の要請の趣旨を満たしているのか?

今回の要請は、酒類の提供を行う飲食店等の営業時間短縮を要請するものであり、酒類の提供時間のみ短縮の要請をするものではありません。酒類の提供を伴う飲食店において、営業時間を午後10時まで短縮することを要請しています。

Q3.カラオケ店は、酒類の提供を行わない店舗であっても、要請の対象なのか。

カラオケ店については、酒類の提供を行わない店舗でもあっても要請の対象となります。

Q4.カラオケ店とは、具体的にどのような店舗を対象としているのか。

カラオケボックスやカラオケバー、カラオケパブなど、カラオケの機器を設置し、客がその機器を利用し、歌唱する場を提供する店舗を対象としています。

協力金以外の給付金・融資等