東京都感染拡大防止協力金(営業時間短縮)

東京都では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間短縮の要請に全面協力し、感染防止徹底宣言ステッカーを掲示する東京都内の飲食店等を運営する中小の事業者に対して、「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」が支給されます。

【飲食店等を対象】感染拡大防止協力金

4月12日~5月11日 実施分

 【申請受付期間】6月30日~8月20日まで

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、まん延防止等重点措置の適用及び緊急事態宣言の発令に伴い、営業時間短縮及び休業の要請に全面的に協力した飲食事業者等の店舗を対象として、協力金が支給されます。

5月12日~5月31日 実施分

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言が延長されることに伴い、営業時間短縮及び休業の要請に全面的に協力した飲食事業者等の店舗を対象として、協力金が支給されます。

6月1日~6月20日 実施分

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言が延長されることに伴い、営業時間短縮及び休業の要請に全面的に協力した飲食事業者等の店舗を対象として、協力金が支給されます。

【飲食店以外を対象】感染拡大防止協力金

4月25日~5月11日 実施分

 【申請受付期間】6月30日~8月31日まで

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、人流の抑制を図るための東京都独自の取組として、休業の要請に全面的に協力した中小企業・個人事業主等や無観客開催の要請により、休業せざるを得ない中小企業・個人事業主等を対象として、協力金が支給されます。

5月12日~5月31日 実施分

 【申請受付期間】8月2日~9月30日まで

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、人流の抑制を図るための東京都独自の取組として、休業の要請に全面的に協力した中小企業・個人事業主等を対象として、協力金が支給されます。

こんなお悩みありませんか?

困っている図
  • 申請方法がそもそもよくわからない。
  • 現時点で自分が給付の対象か確認してほしい。
  • パソコンが苦手で電子申請が難しい。
  • サポート会場が近くにないため申請の相談に行くことも難しい。
  • 相談しながらなるべく早く申請したい。
  • 既に自分で申請したが、修正の指示にどう対応したらいいのかわからない。

そのお悩み、当事務所がすべて解決いたします。

電子申請になじみのない方や、ポータルサイトを見てもよくわからない、とにかく早く申請するために支援してほしいをいったご要望にお応えするため、行政書士Office Showでも申請支援を承ることといたしました。

東京都協力金の申請も江東区の行政書士Office Showが承ります。

東京都協力金 申請支援の報酬

協力金の支給決定額の5%

新型コロナウイルス感染拡大防止による営業時間短縮・休業等により、資金繰りなどに奔走されている事業主・個人事業主の方々のお力になりたいと考えております。

着手金・別途費用は頂いておりません。

また、万が一東京都協力金が不支給となった場合も費用等は頂いておりません。

関連記事