東京都協力金(記事一覧)

事前確認(東京都協力金)

東京都協力金

東京都感染拡大防止協力金の円滑な支給のために実施される事前確認について、対象専門家に行政書士も追加されました。

行政書士Office Showでも、東京都協力金の申請にあたり対象専門家として事前確認を承っております。

連休中もメールでの事前確認のご依頼を受け付けております。事前確認のご依頼をご希望の方は、下記手順にてお申し込みください。

第1回協力金の支給決定通知をお持ちで、第2回についても同様の施設で申請をされる方につきましては事前確認は不要となっております。

事前確認の流れ

1.お問い合わせ

当サイトのトップページ(コチラ)メールフォームから必要事項を入力し、東京都協力金事前確認についての依頼とご記載いただき送信してください。

順次、こちらからメールにて返信させていただきます。

info@office-show.com 宛のメールに、申請書類を添付のうえ送信いただいても構いません。

2.申請書類・添付書類の送付

新型コロナウイルス拡大防止のため、対面での事前確認は原則行っておりません。予めご準備いただいた書類をメール(当方からお送りしたメールに返信)にて送付ください。

以下に添付いただく書類の一般的な例をあげます。

  • 申請書兼事前確認書
  • 誓約書
  • 緊急事態措置以前から営業を行っていることが分かる書類(確定申告書の控え、店舗等の外景写真等)
  • 業種に係る許可・免許を取得していることが分かる資料(該当する場合のみ)
  • 本人確認書類(免許証、パスポート等)
  • 休業等の状況が分かる書類(HP、DM、チラシ等)
  • 支払金口座振替依頼書

申請書兼事前確認書・誓約書・支払金口座振替依頼書については、東京都協力金ポータルサイトから様式をダウンロードできます。

3.事前確認

お送りいただいた資料をもとに、事前確認を行います。

疑義が生じた場合、不足・不備等があれば追加資料の提出や説明を求める場合がございます。

事前確認に問題なければ、申請書兼事前確認書をメールに添付し送信させていただきます。

4.東京都協力金の申請

東京都協力金ポータルサイトからオンライン申請いただくか、郵送または持参にて申請なさってください。

申請方法についてはこちらをご確認ください。

事前確認に要する日数

ご送付頂いた申請書類や資料に不備・不足等がなければ、当日もしくは翌営業日中に専門家記載欄に記入した申請書兼事前確認書をメールにてお送りしております。

不備・不足等があった場合には、追加資料の提出等のご案内をさせていただきます。追加資料等を頂きました場合も当日もしくは翌営業日中に確認の上ご連絡させていただきます。

事前確認に要する費用

事前確認に係る費用については、一定基準のもと、東京都が措置しています。

協力金の申請に係る事前確認の費用については、申請者に請求されることはありません。

東京都感染拡大防止協力金の事前確認は江東区の行政書士Office Showにお任せください。

関連記事

協力金以外の融資等

お気軽にご連絡ください。

ご依頼やお見積りの他、疑問点やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラから